対談集『夢の中で会えるでしょう』刊行記念
夢の中で会えるでしょう 特別編
「ぼくの、わたしの、高野寛」トーク&ミニライブ


 『土曜ソリトン SIDE-B』放送から20年を記念して、高野寛さんがホストを務め6回に渡り、吉祥寺キチムで開催されたトークイベント「夢の中で会えるでしょう」。トークイベント終了後、本イベントの書籍化を発表したものの、高野さんがアルバムを2枚出したり、のんさんのデビューシングルをプロデュースしたり(そのご縁で対談集にはのんさんも参加!)で、なんだかんだしていたら、2年近くが経過してしまいました。大変お待たせしましたが、高野さんデビュー30周年を迎える絶好のタイミングで対談集『夢の中で会えるでしょう』が完成します(ベストアルバムと同日10/10発売)。
 これまでのイベントで高野さんは聞き役に徹していたので、今回は特別編として、高野さんの30年の歩みをじっくりお聞きしようと思います。そしてもうひとつ、高野さんに無茶なお願いをしたところ、快諾いただきました。このイベントで演奏する楽曲を、皆さんからリクエストをいただき上位10曲を、ベスト10形式で10〜1位の順で演奏いただけることになりました。名付けて「ぼくの、わたしの、高野寛」。いわば【ザ・高野寛ベスト10】という企画です。
 高野寛さんの30周年をお祝いしましょう。たくさんのご来場お待ちしております。
(『夢の中で会えるでしょう』編集担当 藤原康二)





出演 高野寛
聞き手 藤原康二(ミルブックス主宰)

日時 11月16日(金)
開場 19:00
開演 19:30

前売 3,500円(+1ドリンク) *事前振込
当日 4,000円(+1ドリンク)


ご予約方法 *定員に達したため、キャンセル待ちの受付になります
<メール予約> 件名を「11/16予約」とし、「お名前(ふりがな)、携帯番号、人数(3名様まで)、お連れ様のお名前、好きな高野寛さんの楽曲(3曲まで)」を添えて、メールにて下記アドレスまでお申し込みください。
yoyaku5@kichimu.la

○メールを送信されると自動返信メールが届きます。メールの受信拒否設定をされている場合、キチムからのメールが届きません。設定の変更するかまたは別のアドレスから再度送信してください。 再送頂いた際には「再送」とご明記ください。
○1週間以内にご予約完了メールをお送りします。1週間待っても届かない場合はお問い合わせください。
○開場時は整理番号順の入場となります。 整理番号は予約完了メールにてお知らせいたします。
一部立ち見になります。ご了承ください。





【#高野寛マイベスト】大募集!
皆さんからのリクエストをSNSでも募集します。ツイッター、インスタグラムに【#高野寛マイベスト】とハッシュタグを付けて、自分が好きな高野寛さんの3曲の曲名を投稿ください。当イベントに参加できない方の投稿も大歓迎です。
*対象曲は高野寛さんのオリジナル曲、参加したバンド、ユニットの楽曲で高野さんがボーカルを担当している曲(カバー曲は除く)とさせていただきます。
*募集締め切り:2018年11月3日
*ベスト10の集計結果は後日、高野寛さんのHP、SNSなどで発表します。






高野寛
シンガー・ソングライター/ギタリスト/プロデューサー

1988年ソロデビュー(高橋幸宏プロデュース)。
代表曲は「虹の都へ」「ベステンダンク」(共にトッド・ラングレンプロデュース)、「夢の中で会えるでしょう」(坂本龍一プロデュース)など。

世代、国籍、ジャンルを超えたアーティストとのコラボレーションも多数。
ギタリストとしてもYMO、TEI TOWA、宮沢和史など、様々なアーティストのライブ・レコーディングに参加し、延べ20カ国での演奏経験を持つ
。

デビュー25周年記念には、ブラジル・リオ・デ・ジャネイロで録音したアルバム「TRIO」、交流の深いアーティストたちが参加したトリビュートアルバム「高野寛 ソング・ブック」を同時リリース。

2018年10月10日デビュー30周年を迎え、記念したベスト盤「Spectra 〜30th All time & Collaboration Best〜」を発売する。
30曲のソロ作品に加え、田島貴男との大ヒットシングル『Winter’ tale ~冬物語』や忌野清志郎との共作による未発表曲『大切な君のもの』含む、充実のコラボ作品16曲を収録。
参加アーティストは、高橋幸宏・坂本龍一・細野晴臣・大貫妙子、原田郁子、他。